社長あいさつ


1970年12月1日、当社は鉄工所としてスタートしました。
その後、自動車メーカー、弱電メーカーの樹脂成形加工や食品容器の製造を手掛けるようになり、
そこで培った技術を活かして食品業界に参入しました。やがて、特許製法「瞬間高温高圧焼成法」を取得。
新たな商品開発を進める中で、当社の製品が“高付加価値食品”と注目されるようになりメディアにも
取り上げられるようになりました。現在、「地域資源活動」「地産地消促進」「エコロジー推進」
「自給率アップ」「食育」など、食品業界が抱える課題を解決すべく開発に取り組んでいます。
明日の食卓を技術で切り開くことを当社の使命とし、今日も研鑚に努めています。


代表取締役社長 瀬戸 勝尋